年末年始の収支計算で気になった項目

“年末年始は出費がかさむ時期です。親戚の集まりも多く、手土産や急遽会うことになった姪っ子や甥っ子などにお年玉をあげたりと、イレギュラーな出費も多いことからお金の支出を把握するのをついつい後回しにしていました。そしてやっと先日家計簿を整理したのですが、思いがけず金額が多く気になった項目がありました。
それは年賀状に掛かった費用です。年賀状を出す数も以前に比べたらかなり減りました。しかし、懐かしい友人や恩師もいるので全く出さないという訳にもいかず、今年も100通近く出しました。正直LINEやメール、SNSでも新年の挨拶は充分出来ると思います。そう思っているからこそ、5200円近い出費がばかばかしく感じてしまうのかもしれません。
さらに、今年は1月8日から年賀はがきが62円に値上がりしてしまい、その日以降に出したはがきには10円の追加料金がかかりました。
年賀状印刷には毎年プリンターのインク補充もしており、そこにも費用がかかります。
はがきとプリンターインクで1万円くらいの出費となるわけですが、その1万円が家計を圧迫しているというよりは、LINEなどで済ませれば無料という点で実に悔しいのです。
毎日の買い物でも10パーセントオフ、20パーセントオフを狙い、なるべく節約をこころがけている私にとっては、年賀状一つやめることにより1万円浮くという事が大きいのです。
要は新年の挨拶を出来れば良いので、LINEやSNSの方が作成に時間をとられないですぐに送信でき、写真や動画も送れるしポストに出す手間もないしデメリットは何一つない様に感じます。
お手紙を受け取る側の喜びには変えられないものもあるかもしれませんが、逆にはがきの収納に困るという考えもあります。我が家も来年の年賀状はやめようかなと思います。”

51円でも安く!

1円でも安く!が私のモットーでもあり口癖にもなっているようです。普段から節約をこころがけています。やはり安いにこしたことはありませんよね。チラシをチェックする、おつとめひんコーナーから先にのぞく、割引クーポンがあればかならず使いますし、お一人様一転限りなどの商品は家族みんなで買いに行きゲットしています。玉子やトイレットペーパーはいつも家族で買いに行くのがルールになっています。1円でも安く買えるととても嬉しくなるし得した気分になりますよね。結局はおやつを買わされたりして安くすんだはずが逆にたかくなってない?見たいなこともあるわけですが…たまにはいっかと割りきっています。あまりケチケチはしたくないですからね。近所のスーパーは18時になると生物やお肉、パンなどを半額にするんです!ちょっと争奪戦にはなりますがやはり半額となると負けてはいられません!少しずうずうしいくらいで入っていきお目当ての商品目掛けてまっしぐら!!つかんだ商品は離しません。毎日食べるものだから安くで買えるのは最高です。パンもたくさん買って冷凍庫へ。食べるときにトースターで焼けば問題なく頂けます!しかも冷凍したパンのほうが美味しい気がするのは気のせいでしょうか?やはり1円でも安く買えたものだからでしょうか。

旦那がヒモから一家の大黒柱へと成長

“私が旦那と付き合い出したのは5年前で、結婚したのは4年前になります。
旦那は特殊な仕事をしており、付き合い出した当時はまだ半人前でお給料がとても少なかったです。
正社員ではなくただのバイトでした。
少ない時は稼ぎが月に5万円あるかないかの時もありました。
しかし私がずっと正社員で働いていたため、私がお金の面倒も見てあげていました。
所謂旦那は私のヒモの様な存在になっていました。
私と結婚する時もまだバイトのままでしたが、親には何とかごまかして結婚しました。
ところが結婚してから旦那はまさかの出世をしだします。
結婚2年目の時に正社員になり、お給料が安定してもらえるようになったのです。
結婚3年目の時に私が妊娠し、退職。
旦那のお給料だけではとても不安でしたが、なんとお給料が月7万円もアップしたのです。
ボーナスも初めて出て、その額はなんと3桁でした。
まさかあのヒモだった旦那がここまで立派に成長してくれるとは思いませんでした。
嬉しい誤算です。
私も妊娠中は毎日在宅ワークに励み、貯金を少しでも増やせるように努力しました。
今も旦那と2人協力しあってやりくりし、生活しています。
旦那と結婚したことは間違ってなかったと思います。
旦那にはますますお給料が増えるように期待しています。”

私のお金の失敗談

“短大を卒業後、希望していた会社に就職することができ7年間勤めました。
お給料は大卒と同じ額をもらえたので、そこそこ多かったと思います。
7年間ちゃんと貯金をしていれば良かったと後悔しています。
私はバンドマンのダメ男に長いこと引っかかっており、ダメ男の生活費をかなり払ってあげてしまっていました。
その額はおよそ100万以上になります。本当に馬鹿でした。
家賃、光熱費、食費、服等、ありとあらゆることにお金を出してあげていました。
しかし当時の私は「この人には私しかいない」と本気で思っていたので、お金を工面してしまっていたのです。
しかもここまで尽くしていたのに、最後はこっぴどく振られて終わりました。
他に好きな子が出来たとのことです。
後に1年間くらい二股をかけられていたことも分かりました。
私は悔しいのと悲しいのと後悔で半年間くらいは廃人のように生活しておりました。
お金を女の子に頼るような男はダメです。
もし私に娘が産まれたら、男を見る目を養いなさいと厳しくしつけるつもりです。
ダメ男に貢いだお金がもったいなくて、いまだに夢に出てくることがあります。
そのせいで、私はバンドマンは一律嫌いです。
皆女の子にお金出して貰ってるんだろうなと思ってしまいます。”

舅姑の相続税対策

舅姑は相続税対策を考え始めました。住んでいる家を2世帯住宅に建て替え、一緒に住んで「対策」としたいようです。
 夫の実家は豪邸ではありません。土地も広くありません。どう頑張っても、私たちのスペースは、今住んでいる家より狭くなります。「2世帯住宅」と言っていますが、計画の話を聞くと、玄関は別だけど、中身はどちらの世帯も関係なく自由に移動できる完全同居です。
「そっちには小さなキッチンをつけてやる。」
「小さな風呂もつけてやる。大きい風呂はこっち(親世帯側)にあるから、こっちを使えばいい。」
「夕食は一緒に食べたら良いだろう。」
「話をしたいときに一度外に出るのは面倒だから、中でいつでも行けるようにしよう。」
「同居だと嫌だろうから、間にカーテンでもつけておけば良いよな。これでプライバシーは完璧だ。」
これではプライバシーも何もない完全同居です。こんな恐ろしい計画を「どうだ!」と誇らしげに語っていました。
 これって相続税対策と言う名の「完全同居」への話としか思えません。
 建て替えのためのローンを舅と一緒に背負い、買い物も通勤も通学も不便になり、生活スペースが狭くなり、舅姑と同居して、いったいいくらの節約になるのでしょう。
 夫が相続するための税金の節約なら、夫だけが「介護」と言うことで実家で生活をすればいいのではないでしょうか。
 この計画が夢物語で終わることを願っています。

一緒に考えてほしいのですが。

毎日一生懸命働いてくれている。それについては本当にありがたいと思っています。でもお金の話(相談)をしようとしないんです。携帯料金の見直しとか、住宅ローンについてだったり節約できるところはないかってもう少し真剣に、いや一緒に考えてほしいのです。面倒くさいんだそうです。私がもっと収入が増えるように働くことができればいいのですが、諸事情により今は収入アップが見込めないのが痛い所。そんなことはお構いなしで、連絡もせずにコンビニで大量にお弁当とかジュースやお菓子を買い込んでくるので、子どもは作った夕飯そっちのけでコンビニのお弁当を食べ出す始末。もちろん取っておける物は翌日にまわしますが、むなしい。わたしがケチだということもありますが価値観について歩みよれていません。「家計のことはお前に任せる」なんて言っておきながら、お小遣いの話になるとすぐムキになるなんて「子どもかっ!!」。煙草の出費も痛いんです。年間いくらかかっているか考えてほしい。ちょっとした旅行に行けるんじゃ?「体を壊したらやめる」とか「電子たばこにしようかな」なんて、同じ金額なら禁煙外来に出資したほうが100倍有意義だと思うんですけど。でもギャンブルやお酒での失敗がなさそうなので、妥協しないといけないのかな。でも私や子どもに健康被害が出たらただではすませないからね。