年末年始の収支計算で気になった項目

“年末年始は出費がかさむ時期です。親戚の集まりも多く、手土産や急遽会うことになった姪っ子や甥っ子などにお年玉をあげたりと、イレギュラーな出費も多いことからお金の支出を把握するのをついつい後回しにしていました。そしてやっと先日家計簿を整理したのですが、思いがけず金額が多く気になった項目がありました。
それは年賀状に掛かった費用です。年賀状を出す数も以前に比べたらかなり減りました。しかし、懐かしい友人や恩師もいるので全く出さないという訳にもいかず、今年も100通近く出しました。正直LINEやメール、SNSでも新年の挨拶は充分出来ると思います。そう思っているからこそ、5200円近い出費がばかばかしく感じてしまうのかもしれません。
さらに、今年は1月8日から年賀はがきが62円に値上がりしてしまい、その日以降に出したはがきには10円の追加料金がかかりました。
年賀状印刷には毎年プリンターのインク補充もしており、そこにも費用がかかります。
はがきとプリンターインクで1万円くらいの出費となるわけですが、その1万円が家計を圧迫しているというよりは、LINEなどで済ませれば無料という点で実に悔しいのです。
毎日の買い物でも10パーセントオフ、20パーセントオフを狙い、なるべく節約をこころがけている私にとっては、年賀状一つやめることにより1万円浮くという事が大きいのです。
要は新年の挨拶を出来れば良いので、LINEやSNSの方が作成に時間をとられないですぐに送信でき、写真や動画も送れるしポストに出す手間もないしデメリットは何一つない様に感じます。
お手紙を受け取る側の喜びには変えられないものもあるかもしれませんが、逆にはがきの収納に困るという考えもあります。我が家も来年の年賀状はやめようかなと思います。”

旦那がヒモから一家の大黒柱へと成長

“私が旦那と付き合い出したのは5年前で、結婚したのは4年前になります。
旦那は特殊な仕事をしており、付き合い出した当時はまだ半人前でお給料がとても少なかったです。
正社員ではなくただのバイトでした。
少ない時は稼ぎが月に5万円あるかないかの時もありました。
しかし私がずっと正社員で働いていたため、私がお金の面倒も見てあげていました。
所謂旦那は私のヒモの様な存在になっていました。
私と結婚する時もまだバイトのままでしたが、親には何とかごまかして結婚しました。
ところが結婚してから旦那はまさかの出世をしだします。
結婚2年目の時に正社員になり、お給料が安定してもらえるようになったのです。
結婚3年目の時に私が妊娠し、退職。
旦那のお給料だけではとても不安でしたが、なんとお給料が月7万円もアップしたのです。
ボーナスも初めて出て、その額はなんと3桁でした。
まさかあのヒモだった旦那がここまで立派に成長してくれるとは思いませんでした。
嬉しい誤算です。
私も妊娠中は毎日在宅ワークに励み、貯金を少しでも増やせるように努力しました。
今も旦那と2人協力しあってやりくりし、生活しています。
旦那と結婚したことは間違ってなかったと思います。
旦那にはますますお給料が増えるように期待しています。”

私のお金の失敗談

“短大を卒業後、希望していた会社に就職することができ7年間勤めました。
お給料は大卒と同じ額をもらえたので、そこそこ多かったと思います。
7年間ちゃんと貯金をしていれば良かったと後悔しています。
私はバンドマンのダメ男に長いこと引っかかっており、ダメ男の生活費をかなり払ってあげてしまっていました。
その額はおよそ100万以上になります。本当に馬鹿でした。
家賃、光熱費、食費、服等、ありとあらゆることにお金を出してあげていました。
しかし当時の私は「この人には私しかいない」と本気で思っていたので、お金を工面してしまっていたのです。
しかもここまで尽くしていたのに、最後はこっぴどく振られて終わりました。
他に好きな子が出来たとのことです。
後に1年間くらい二股をかけられていたことも分かりました。
私は悔しいのと悲しいのと後悔で半年間くらいは廃人のように生活しておりました。
お金を女の子に頼るような男はダメです。
もし私に娘が産まれたら、男を見る目を養いなさいと厳しくしつけるつもりです。
ダメ男に貢いだお金がもったいなくて、いまだに夢に出てくることがあります。
そのせいで、私はバンドマンは一律嫌いです。
皆女の子にお金出して貰ってるんだろうなと思ってしまいます。”